【注意喚起】Perlのニュースサイト perl dot com のドメインが何者かによって不正に取得されました

※タイトルはSNS等における自動リンクによるリンク拡散を避けるためにperl​.​comの表記を避けています
※本文のperl​.​comの表記には各種ツール引用後の自動リンク防止のため、ドット前後にUnicodeゼロ幅スペースを入れています

2021/02/03 09:20 JST: 各種CPANクライアントの安全性について誤解を招いているケースが見受けられたので表現を改めました

2021/02/06 22:00 JST: 公式情報が更新されました。ドメイン perl​.​com の奪還に成功し権威DNSは正しいアドレスを返すようになっています。しかし、いわゆるDNS浸透問題によって一部適切に新しいアドレスを返していないDNSキャッシュサーバーが存在するかもしれません。よって、利用する方は注意して利用してください。 正しいアドレスは 151.101.*.*/16 のものです。違うアドレスが返ってくる環境においては正しいアドレスが返る状態になるまで引き続きアクセスを控えてください。

log.perl.org

2021/02/02 20:00 JST現在、ドメイン perl​.​com は何者かに乗っ取られ、ランサムウェアを配布するサイトと同一のIPアドレスに向けられています。

perl​.​com は過去はO'Reillyが所持していましたが、その後The Perl Foundationがそれを引き受けPerlに関するニュースサイトを運営しており、Perlやそのコミュニティに関する記事などが提供されていました。

perldotcom.perl.org

なお、プログラミング言語Perlの公式ドメインは perl.org であり、こちらは乗っ取られていません。 また、(特に影響の大きい) cpan.org について適切に管理されていることをThe Perl Foundationが確認しています。(2/1時点)

CPANの利用、Perlそのものの利用に関して基本的に影響があるものではありません。

Perl開発者が気をつけるべきポイントは以下の2点です。

問題が解消するまではperl​.​comにアクセスしないでください

perl​.​comは現在、悪意のある目的で運用されている可能性があります。 この問題が解消するまではこのドメインへのアクセスは控えてください。

もし、perl​.​com の情報にアクセスしたい場合は、 perldotcom.perl.org を代わりに利用してください。

perldotcom.perl.org

perl​.​comのCPANミラーの利用を停止してください

原則として、どのCPANクライアントもミラーの設定を行なっていないデフォルトの状態でではperl​.​comのミラーを利用する事はありません。

もしperl​.​comのCPANミラーを利用中であれば、これを参照しないようにしてください。 代わりにhttp://www.cpan.org/などの別のミラーを参照してください。

この方法については利用中のCPANクライアントのドキュメントを参照してください。

たとえば、CPAN.pm(cpanコマンド)の場合は以下のとおりです。(TPFの告知情報より引用)

# perl -MCPAN -eshell
cpan shell -- CPAN exploration and modules installation (v2.20)
Enter 'h' for help.

cpan[1]> o conf urllist http://www.cpan.org/
Please use 'o conf commit' to make the config permanent!
cpan[2]> o conf commit
commit: wrote '/root/.cpan/CPAN/MyConfig.pm'

なお、CPAN.pm(cpanコマンド)は特に設定をしていない限りはperl​.​comが利用される事はなく安全です。

よく分からず心配な場合は改めて上記の設定をしておくことをおすすめします。

また、cpanm(App::cpanminus)やcpm(App::cpm)においては、実行時に明示的にmirrorオプションを指定しない限りはcpanmでは www.cpan.orgが、 cpmではcpan.metacpan.orgが利用されるため、明示的にmirrorオプションをperl​.​comに指定しない限りにおいて安全です。 cpanmに関しては環境変数PERL_CPANM_OPTの指定についても確認してください。

Carton/Carmelにおいても同様に明示的に指定しない限りは利用されません。 Cartonに関しては環境変数PERL_CERTON_MIRRORをCarmelに関してはcpanfileのmirror指定を確認してください。

いずれも、詳しい設定内容はそれぞれのドキュメントを参照してください。

以上です。 続報があればこのブログエントリを更新する形でお知らせします。

YAPC::Kyoto 2020の開催見送りを決定しました

2020/02/26 11:52 ... 今後の対応について, 第一報を公開しました.

blog.yapcjapan.org


YAPC::Kyoto 2020を主催するJapan Perl Association (以下JPA) 代表理事の id:karupanerura です。

前回のこちらの記事でお知らせしたとおり新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対策状況などを見て対応を検討しておりましたが、掲題のとおり開催の見送りを決定したことをお知らせします。

blog.perlassociation.org

背景

既にご存知の方も多いと思いますが2/25(火)付で厚生労働省から新型コロナウィルス感染症の基本方針が発表されました。

YAPC::Kyoto 2020を予定通り開催をする上では、すべての来場者が自己責任の上で参加可否を決められるという前提のもと、運営として十分に安心して参加できる状態を作り上げ、かつYAPC::Japanとして提供したい価値をしっかり提供できることが前提になってくると私達は考えました。

COVID-19のYAPC::Japanに対してのリスク評価としては、今後の1~2週間が感染拡大防止のための山場という見解がある一方で、感染が蔓延期に突入することは避けられないという見方もあり、また飛沫感染による感染であるものの必ずしも症状が出ない状態での感染のリスクが指摘されています。3月末という時期とはいえ、何の対策もせずにこれを開催した場合は来場者の間で感染が広がってしまう可能性は高いと判断しました。

多くの来場者は重症化リスクが高くない方であろう一方で、現状では対処療法しか無い状態で僅かながら重症化のリスクもあり、さらには来場者のご家族や関係者の中には高齢者など重症化リスクの高い方が高い確率で含まれると考えられます。

COVID-19に対する見通しが不透明な中、現状のリソースや会場の構成等を加味した上での可能な限りの対策をしたとしてもスタッフを含む関係者・参加者が十分に安心して参加できる状態を整えられる可能性が低く、またYAPC::Japanは日本全国のPerl Mongersが集い交流する貴重な機会でもあるなかでCOVID-19の感染対策によってそれらを支える場が十分に提供できなくなってしまうという判断をした為、このタイミングでの開催は見送らざるを得ないという判断となりました。

今後の予定

今週中を目処に各関係者に連絡を行い、然るべき対応を進めます。 詳細はYAPC::Kyoto実行委員会から今週中を目処に順次ご連絡いたしますのでお待ち頂ければと思います。

本件に関する連絡窓口は yapc-kyoto-2020-core@googlegroups.com となります。

なお、YAPC::Kyoto実行委員会は解散せずに活動を継続し、今後また改めての開催ができないか検討していきます。

YAPC::Kyoto 2020の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する対応に関するお知らせ

(2020/02/26追記)

対応が決定しました:

blog.perlassociation.org

(追記ここまで)

YAPC::Kyoto 2020を主催するJapan Perl Association (以下JPA) 代表理事の id:karupanerura です。

掲題の件に関して、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関しての動向はJPAとしても注視をしており、 YAPC::Kyoto 2020に関わるすべての人達に取ってどのような対応をするのが最善かを、開催中止も視野に入れた上で引き続き慎重に検討しております。

JPAスタッフはもちろん、YAPC::Kyoto運営員会の方々、スピーカー様、スポンサー様、そして参加者の皆様など様々な方々が一丸となり作り上げる本会を滞り無く開催に導きたいという思いは当然あるなかで、本件に関して関係各者の健康と安全を第一に考えると現状では開催中止も視野に入れた検討は必要であると考えております。

YAPC::Kyoto 2020に対する対応に関しての現時点でのJPAとしての決定事項をお知らせ致します。

開催中止と判断した場合の対応

  • チケット
    • 全額の払い戻しを行います
    • すべてのチケットが対象です(例外はありません)
    • 交通宿泊費のキャンセル費用が発生した場合の補填は行いません
  • 学生旅費支援制度
    • 学生側の負担が発生し無いように最大限配慮します
    • 個別個別の状況に応じて相談させて頂くこととなります

スポンサー様、スピーカー様への対応は現時点では未定となりますが、 本会に関して様々な形で貢献して頂いている方々へ最大限負担のかからない形になるよう配慮するためにどのような対応が可能か模索しております。 続報をお待ち頂ければと思います。

開催可否判断時期

2月29日(土) 迄に判断(ただし、状況が想定以上に悪化した場合や別の事由に依って開催に支障が出た場合は別途中止判断を行う場合もある)

以上です。

JPA活動報告を実施し, 2019年度からの新体制を発表しました

4月19日, 日頃よりJPAにご支援頂いている企業様にお集まり頂き, これまでの活動報告と, 2019年度からの新体制について共有させて頂きました.

f:id:japanperlassociation:20190419164001p:plain

2019年度からのJPA新体制について

2019年度より, 以下3名の理事が退任し, 4名の理事が新任されることとなりました.

退任

  • 小林 篤 (代表理事)
  • 田中 慎司
  • 肥後 彰秀

新任

  • 尾形 鉄次
  • 福本 貴之
  • 小林 謙太
  • 小森 一喜

なお, これまで小林篤が務めておりました代表理事については, 新たに佐藤健太が任命されることとなりました.

Japan Perl Associationは, 佐藤健太率いる新体制の元, 日本でPerlを様々な形で活用する企業, そしてPerlを楽しむ人々とコミュニティを繋げ, 支える役割を担ってまいります. 引き続き, 皆様のご支援とご協力の程, よろしくお願いいたします.

YAPC::Fukuoka 2017 HAKATA 開催しました

JPAスタッフの福本(id:papix)です.

タイトルにもあります通り, 7月1日にLINE Fukuokaさまのオフィスをお借りしてYAPC::Fukuoka 2017 HAKATAを開催し, 無事に終了することができました. ひとえに, JPAとYAPC::Japanの理念に共感しご協賛くださいましたスポンサーの皆様, 個人スポンサーとしてご協力頂いた皆様, 一般チケットや学生チケットをご購入頂き参加して下さいました皆様, ゲストや登壇者の皆様, そしてボランティアスタッフの皆様のお陰です.

今回のYAPC::Fukuokaは, YAPC::AsiaがYAPC::Japanとしてリブートしてから3回目となります. YAPC::Hokkaido, そしてYAPC::Kansaiで得た知見を活かしながら, Fukuoka.pmとJPAが密接に連携して準備を進めていくことができました. それでも当日は想定外の出来事が多々あり, 参加者の皆様にご迷惑をおかけすることもありましたが, ボランティアスタッフの尽力と, ご参加頂いた皆様のご理解, ご協力により最後まで走りきることができました.

クロージングでもご紹介しましたように, 既に次のYAPC::Japanは動き始めています. 2018年3月3日のYAPC::Okinawa 2018 ONNASONに向けて, 今回の知見や反省を活かして準備を進めてまいります.

引き続き, YAPC::Japan並びにJPAの活動に, ご理解とご協力の程, よろしくお願いいたします.

YAPC::Fukuoka 2017 HAKATA

JPAスタッフの福本(id:papix)です. 既にご存知の方も多いと思いますが, 2017年7月1日(土)にYAPC::Fukuoka 2017 HAKATAを開催することとなりました.

yapcjapan.org

北海道でリブートして, 関西へと渡ったバトンは第3回でいよいよ九州に上陸. 今回はFukuoka.pmとJPAのコラボレーションによる開催となります. 実行委員長はid:debilityさんです.

既にタイムテーブルを公開しておりますが, Perl5やPerl6の話題にとどまらず, DockerやGraphQL, IaaS/PaaSといった, “未来"を感じられそうなトークを多数ご応募頂きました. この場を借りて, トークを応募して下さった皆様に御礼申し上げます.

いよいよ開催まで2週間を切り, 準備も慌ただしくなってきておりますが, JPAとFukuoka.pmによるYAPC::Fukuoka 2017 HAKATAにどうぞご期待ください. 当日, 会場で皆様とお会い出来ることを楽しみにしております!

YAPC::Kansai 2017 OSAKA 開催しました

こんばんは。佐藤 (id:karupanerura) です

YAPC::Kansai 2017 OSAKAを開催し無事に終了することができました。

ひとえに、ご協賛いただいたスポンサー様、個人スポンサー様、一般参加・学生参加の皆様、ゲストスピーカー・スピーカーの皆様、ボランティアスタッフの皆様、そして会場をご提供いただいたMOTEX様と id:rohki 様のお陰です。

前回のYAPC::Hokkaidoからスタッフの大半が入れ替わっており、 前回のスタッフから逐一助言やサポートをもらってはいたものの、地方開催の経験はまだ一度しかないためノウハウも確立しきっておらず、 手探り感の強い運営となっていたなかで、皆様方のご助力がなければ開催はできなかったと思います。

YAPC::Hokkaidoから3ヶ月も経たないなかでご応募いただけた40を超えるトークは、どれも不採択とするには惜しいものばかりだったため、当初2トラックを予定していたところを3トラックに増枠し、スケジュールも調整してなるべく多くの素晴らしいトークをPerl Mongerの皆さんに聴いてもらえるようにしました。結果、お陰様で当日は大変盛況となりました。

一部不手際などもあり、ご迷惑や失礼もお掛けする場面もございましたが、最後まであたたかく応援していただいたことで無事にやりきることができました。 今回の反省を次回以降に活かしていけるよう、スタッフ一同振り返りを行い、次に繋げていく取り組みをして参ります。 どうかこれからも応援頂けますようお願い申し上げます。

次回はYAPC::Fukuokaです。 こちらは既にトーク応募やチケット販売が開始されております。

yapcjapan.org

スポンサー様も募集しております。 興味を持っていただけましたらご検討いただけますと幸いです。

yapcjapan.org

さらにYAPC::Japanは今後は沖縄、東京での開催などを計画しております。 こちらも詳細が決まり次第、追って情報公開していきますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。

また、YAPC::Japanのスタッフに興味の有る方は随時募集しております。 id:karupanerura などJPAスタッフにご相談ください。