Moose/Class::MOP開発スポンサー (JPA Sponsors Moose/Class::MOP Work)

  • 投稿日:
  • by
(English follows Japanese)

JPAでは今後The Perl Foundation (TPF)で行っているPerl関連の開発および活動に対する支援活動と同様なものを行う予定です。TPFではたとえばMooseのドキュメントや、Perlコアの改良などに対して支援を行っています。JPAではまだこの支援活動のプロセスを厳密に策定していませんが、このあたりも今後取り組んでいく予定です。ご意見、もしくはこういった活動に参加したい方がいらっしゃいましたら是非声をかけてください。

この活動の初回支援内容として id:gfxこと藤 吾郎氏にPerlの最新オブジェクト機構であるMooseおよびClass::MOPの読み込み時間を短縮するための開発を行ってもらうことにしました。今回は初の支援対象ということもあり、期間および目的も絞って 8月末までにClass::MOP/Mooseの読み込み時間をClass::MOP 0.89 と比較して読み込み時間を20%(可能であればそれ以上)短縮する予定です。これに対し、JPA側からはYAPC::Asia Tokyoの参加費等を藤氏に支払う予定です。

このプロジェクト自体は七月初頭より少しずつ進めてもらっており、現段階で読み込み時間を約17~18%ほど短縮されています。今後はさらに改良を加えつつ、本家Class::MOPおよびMooseに取り込んでもらえるように作業をしていく予定です。



JPA is pleased to announce that we're sponsoring Goro Fuji (a.k.a. gfx) to work on Class::MOP and Moose. This project will run until the end of August, and in return for his services, JPA will sponsor Goro to attend the upcoming YAPC::Asia Tokyo 2009.

The focus of his development will be on performance loading and bootstrapping Class::MOP/Moose. We have set a target at 20% performance boost in comparison with Class::MOP 0.89 and Moose 0.87 (of course, if he can achieve better, we won't object :).

Goro has been working on this performance improvement since early July, and we've so far seen improvements of about 17 to 18%. We still have to propose and have the changes accepted to the master repositories, but we believe this is an excellent start.